成績アップに効果あり!応用力を身に付ける方法

名称未設定-4

応用力は、とても大事です。難関大学を合格する為には、絶対に身につけておかなければなりません。皆さん、経験あると思いますが、難関大学は、ストレートに出題してくれないからです。ひねくれた問題を解くには「応用力」が必要になってくるというわけです。

 

応用力とは、暗記ではなく、実践する力の事

前にも書きましたが、偏差値が60を超えているのに、明治などの問題の正解率が低い時期がありました。「なぜなんだろう?」とかなり焦ったので、兄に相談したら、はっきりとこう言われました。

 

それは応用力がないからだよ。

応用力は意識的にトレーニングしないと身につかない!

 

最初は「何の事?」と思いましたが、後にその理由がわかるようになります

 

応用力習得の為の練習方法とは

実は、応用力って、基礎を身につけた後、意図的に訓練しないとなかなか身に付いてくれないんです。基礎は覚えるだけなので、誰でも出来ます。でも、応用力は、基礎の実践になるので、その使い方を訓練しないといけないわけです。

 

例えば、野球などのスポーツでもそうですよね。頭の中で、「正しいフォームはこうだ!」と、理屈だけは分かっていても、自分でやってみると、その通りにはいかないもの。

 

勉強も同様で、身につけた基礎をどう使ったらいいのか?を身をもって体験する必要があるんです。

 

応用力習得の為のトレーニング方法

名称未設定-4

では、どう訓練したのか?ご紹介しましょう。それは、今の自分のレベルよりも「ちょっとだけ難しい問題を数多くこなす事」です。

 

皆さん経験ありませんか?問題集などをやってて、答えられなかった問題の回答を見ると「あぁ。なんだあの公式かよ!」みたいな・・・(笑)。

 

問題がひねってあって、気づけないんです。折角暗記して蓄えた基礎知識を使えていない事になっているんです。もったいないですよね?

 

ただ、応用力は、これ以上でなければ以下でもありません。どういう事か?この「あぁ。こういうことかよ!」という気付きを、数多く経験する事が応用力になります。

 

そして、この「気付きの引き出し」を、受験本番までに、他の受験生よりもいっぱい持っている人が、合格出来るのです!

 

すっごい大事な事を言いますので、太字で何度も言いますね(笑)

 

基礎は知っているか?いないか?というレベルのものなので、どんどん覚えてしまう事!そして、応用力は、基礎をどういう風に使うか?という実践のレベルなので、ちょっと難しい問題に触れて基礎の使い方を数多く経験してしまう。

 

ただ、難しいところなのですが、『いきなり難しすぎる問題集などに手を出してしまうと、すぐに挫折する』という事があります。あまりに分からな過ぎると、誰だって嫌になってしまうからです。

 

その辺りが、とても絶妙で、上手なのが、実はZ会なのです。Z会が、東大・京大・早稲田・慶応などの難関大学の合格率が、他のどんな教材よりも、多いのが、その証明になっているでしょう。

 

私も、実際、Z会を通じて、その訓練が出来たのが、かなり大きかったのだと思っています。それについては、次回の記事で、もっと詳しくご紹介しましょう。

 

次は「Z会を効果的に使う為の3つの方法」について書きます

 

まとめると・・・

  1. 応用力とは、基礎を使って発展させて考える力
  2. 応用力は、基礎を身につけた後、その使い方を訓練する必要がある
  3. その訓練方法は、ちょっとだけ難しい問題を解く
  4. 難しい問題を解く回数を重ねると、解法パターンの引き出しの数が増える

 

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ