東京・埼玉・千葉・静岡の方がZ会をやるなら

こんにちは。管理人です\(^o^)/

 

皆さん、Z会が作った新しい「予備校」をご存知ですか?
その名も「ディアロ」って言うんですが
まだあまり知られていないですよね?

 

大学受験ディアロ

> Dialo 公式ホームページ

 

初めて耳にする人もいるんじゃないでしょうか?
これが、なかなか良さそうなので
今日は、ご紹介してみたいと思います。

 

ディアロの学習方法とは?効果あるの?

この「ディアロ」は、受験界の老舗である
Z会と栄光ゼミナールが
2016年にコラボして作った予備校です。

 

まぁ、出来たてなので、口コミなどはまだありません(^_^;)
んで、気になる指導方法はどんなものなのか
ちょっとサイトを覗いてみたんですが・・・

 

Z会の上位コースの動画を自分で学習

それが本当に身についているか?
講師が「対話方式」で理解を進める

 

というシステムみたいです。
なにやらよくわかりません笑

 

ただ、このシステム。私の印象では合理的だと思うのです。
ポイントは「対話方式」というところ。

 

対話方式ってなんだ?何がいいのか?

私が受験勉強をしている時によくやっていたのが
「先生ごっこ」です。

 

知ってます?先生ごっこ。とっても理解が早められて良いんですよ?

 

これは、誰かに教えるつもりになって
一つの事を勉強するという方法です。

 

アメトークでオリラジのあっちゃんもやっていた・・・
と言っていましたよね?

 

例えば、アヘン戦争について勉強するとします。
最初は、ガーッと山川の教科書を熟読する!
そして、小テストを繰り返す。

 

んで、ある程度理解出来たら、部屋の中で一人、
架空の生徒に教えるつもりで授業をするんです。

 

「はい。じゃぁ今日はアヘン戦争をやるよー。
これは、1840年、清とイギリスとの間で2年間にわたって行われた戦争だね。

 

はい。じゃぁ田中!戦争の原因となったのは何だ?
そう!名前の通り、アヘンの密輸だよな?」

 

という具合です。アホらしいですね(笑)

 

記憶は使ってこそ定着する

一度頭に入れた事。これが定着しない人って多いはずです。
その理由は簡単。「使わない」から。

 

こんなアホみたいな「先生ごっこ」でも
一度頭に入れた情報を使っているんです。

 

だからものすごく記憶に定着する。

 

専門用語で言うところの「情報のアウトプット」と
言いますが・・・

 

単語でも熟語でも公式でも覚えにくい人は
「情報のインプット」しかしていないから。

 

効率的に学習するには「情報のアウトプット」する必要があるんですね。
これは、科学的にも立証されているそうですよ。

 

ディアロの指導方法

さて、話は長くなりましたが、この「情報のアウトプット」を講師の人との対話の中でうまく引き出してくれる指導方法が
ディアロようです。

情報のインプット → Z会の良質な動画
情報のアウトプット → 講師との対話

 

私が体験したわけではありませんが、
ディアロの資料を読んだ限り・・・合理的かな?と思います。

 

ただ、冒頭で書いたように
ディアロは、教室があまりないんです。

 

  1. 武蔵浦和
  2. 茗荷谷
  3. 新小岩
  4. 水道橋
  5. 三鷹
  6. 新浦安
  7. 静岡

 

の7校だけ。

 

まぁ、これから増えていくんでしょうけどね。2017年現在はこれだけです。

 

 

もしお近くでしたら、資料請求などをしてみても良いかも。体験授業も出来るそうなので気になる方は是非!

 

大学受験ディアロ資料請求ページ(公式)

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ