ご紹介!英語長文が得意になった勉強法

英語長文読解が苦手っていう人多いですよね・・・。自分も本当に苦労しました。得点出来るようになるには、一番時間がかかったかもしれません。

 

でも、長文って、振り返ってみると、単純作業を繰り返すだけで、得意になっちゃったりします。「◯◯◯リーディング」とか、「◯◯解法」なんてメソッドがありますが・・・あんなのはっきり言って不要ですね。

 

考えてみて欲しいのですが、英語の文章って、和訳してみると「大して難しい事言ってない」んですよね。要は、意味が取れれば、答えるのは、とても簡単なんです。あんな小手先のテクニックは、全く不要です。

 

大学受験で長文得点出来ないとかなり損する

どこの大学でも「英語の長文」の配点は高いはずです。不得意な人にとっては、とても厄介ですよね?でも、裏を返せば、「長文が得点出来れば、グッと合格率が上がる!」って事で、「長文読解はやるべき」だと思うのです。

 

単語・熟語・構文は完璧か?

まず、長文が苦手な人に共通して言えるのが(私もそうだった・・・)、「単語・熟語・構文」の力不足。絶対数が足りてないって事です。

 

単語の数で言えば、2000では不足でしょう。4000でどうかな?6000あればバッチリ!ってところではないでしょうか?

 

正直、言って、2000位、1ヶ月で覚えなくてはいけませんよ。ダラダラと2000単語を1年かけて覚えている人いますが、あれでは、効率悪すぎます。英単語の効率的な覚え方については、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

>>>ダラダラ覚えない!15分英単語暗記法

 

短い文章を読みまくるトレーニング

 

単語・熟語・構文をしっかりと抑えたら、短い文章を読みまくってみてください。というのも、長文なんて、分解してみれば「短い文」が集まっているだけです。

 

基本となる「短い文章」を読むトレーニングをすると、英文に対しての苦手意識がかなり払拭出来ます。

 

自分がやったのは、辞書に掲載されている「例題」を読むこと。辞書を開いて、知っている単語を見つけたら、そこに出ている「例文」を読むんです。英文のすぐ隣りに和訳も掲載されているので、超効率的です。

 

これを繰り返していると、英文に対する苦手意識がかなり消えます!オススメ!

 

優しい長文をものすごく読むまくるトレーニング

短い文章に慣れたら、次は、「優しい長文」を読む練習をしました。この目的は、文の全体の意味を理解する事です。著者は何が言いたいのか?を抑えるトレーニングですね。

 

簡単な長文は、高1とかの教科書を読み直しても良いと思います。単語と熟語と構文をしっかりと抑えていれば、とても簡単なので、意味をとって、頭の中でまとめるには最適な練習教材です。

 

という事でまとめると・・・

  1. とにかく「英単語・熟語・構文」を完璧にする事から始める
  2. 辞書などを使って短い英文を読みまくる
  3. 優しい長文を読む訓練をする

 

これが出来たら、少しずつ長文の量を増やして、長い文章も読む様にするのがオススメです!

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ