Z会IPadスタイル 添削の返信が10倍早くなる!

Ipadスタイル

Z会などの通信教育、特に添削問題における、最大のデメリットは、その解答の遅さにありました。添削を郵便で送付して、その答えが返ってくるのは、1ヶ月後。提出した添削を、もう一度復習するというのは、モチベーションを維持するのが大変でした。

 

それが、2015年春から変わります。その名も「iPadスタイル」。これを利用すれば、添削の解答は3日で返ってくるそうです。今まで30日程度掛かっていたものが、10倍の早さで返ってくると言います。果たしてどんなものなのでしょうか?

 

iPadスタイルで添削問題の10倍の効率化!

iPadスタイル、どんなものなのか?まずは、オフィシャルサイトの動画を見てみましょう。

 

 

続いて、もう一本。こちらは、カメラの使い方などがわかります。

 

 

添削、質問の流れについて

 

添削の流れは以下の通り

  1. 添削の答えをiPadを使って写真を撮る
  2. それをメールでセンターへ送付
  3. その写真を見て添削者がチェック
  4. メールで解答が返信される(3日程度)
  5. 解答に関する質問もメールでやりとりが出来る
  6. 間違えた問題は「リスト化」され、何度でも復習が出来る

 

 

iPadスタイルの最大のメリットとは?

やはり最大のメリットは、添削の採点、解答の返信の早さ!3日で解答が返信されるくるなんて、勉強もかなり効率化出来ますね。そのほかにも、アプリが充実しているのも、メリットと言えるのではないでしょうか?(以下参照)

 

その他のサービスについて

iPadスタイルならではのサービスもあるので、ここでご紹介します。

  1. 添削復習が必要な問題はリスト化され、適切な時期に再出題される機能
  2. 成績やスケジュールの管理
  3. Z会のナビゲーターへの質問・相談が可能
  4. 精鋭講師陣のZ会教室「映像授業」が閲覧可能
  5. Z会の速読英単語が利用可能
  6. 有名大学の講義を無料で受けられる「iTunes U」の利用が可能
  7. 国語、英和、和英などの辞書アプリ利用可能

 

これらのサービスが全てiPadスタイルでは、行えます。

 

iPadスタイルはいつからどうやれば使える?

2015年春から。大学受験生向けコースの本科、または、専科「英語速読速解、英作文基礎、英作文応用、漢文、文系小論文、医療系小論文」のいずれか1つのコースを受講すれば、利用可能です。

 

申込時に、「テキストスタイル」か「iPadスタイル」のどちらからか、選択します。(テキストスタイルとは、今までどおり、郵送で全てをやるスタイルのこと)iPadスタイルの場合、「Zstudy 解答解説編」「Zstudy 成績・アドバイス」「Z winning(情報誌)」は、郵送されてこない。(IPadから閲覧する)

 

また、家でWi-Fi(無線LAN)の環境が必要。有線LANではダメらしい。

iPadはどうする?

自分でipadを持っていれば、それを使用可能です。持っていない場合は、Z会を通じて購入すると、29,880円で購入する事が出来ますし、自分で量販店で購入しても大丈夫です。ちなみに、ヨドバシカメラで購入すると、28,900円(税別)で購入出来るので、電器店で購入した方が、ちょっと安いようです。

 

iPad返却出来る?

Z会から購入した場合、iPadスタイルから、テキストスタイルに変更しても、返却する事は出来ない(返金されない)。

 

iPadスタイルまとめ

今までのテキストスタイルの場合、添削の返信には1ヶ月を要していたが、Ipadスタイルの場合、3日で解答を貰えるようになる。

間違えた問題は、Z会がリスト化して、後で再度出題してくれる。

iPadはZ会から、割安で購入可能。

 

>> 次の記事「Z会やろうか?悩んでいる人がやるべきたった1つのこと」を読む

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ