Z会が応用力をつけるのに最適な理由

応用問題が解けずに困っている人って多いようです。基礎力は、しっかり身につけているはずなのに。。。何故?って思いますよね?

 

答えは簡単です。身につけた「基礎力」の使い方が分からない・・・もしくは、上手に使えていないのが理由だと思います。

 

 

何故、合格する為に応用力が必要なのか?

大学3年のある時、ゼミの教授(大学入試問題作成担当)に、こんな質問をした事があります。『先生、何故、入試の問題ってあんなにムズかしかったんですか?』すると、先生は、「だって応用力がみたいから・・・」と言っていました。

 

大学の使命は、学問・研究を発展させる事です。その為に、ゼミというものがあって、教授を中心に学問の研究を進めていますが、実は、ここがポイントです。

 

つまり、一緒に学問を発展してくれるのに、あなたが相応しいか?そんな適正があるのか?大学側は、入試を通じてみたいのです。これは東大、京大、早稲田、慶応など難関大学と言われる大学程、その傾向は強くなるのでしょう。

 

 

応用力とは何なんなのか?

まず、基礎力というのは 、一言で言えば、 知識レベルです。知っているか?知らないか?暗記で対応出来る部分でしょう。覚えてしまえば良いだけなので、比較的誰でも身につけやすい部分です。

わかりやすい例で言えば、社会の一問一答の問題集のようなものです。

 

これに対して、応用はまったくの逆。一問一答ではありません。ひとつの問題に対して、自分の持っている「基礎」と「基礎」を結びつけたりして、答えを導きだすのが応用力です。

 

論述問題などがコレに当たるでしょう。

 

応用力を身につけるには?

 

このように応用力は、基礎力をベースにして、どの基礎を使えばいいのか?それを瞬時に判断できる経験が必要になります。そうなる為には、基礎を身につけたあと、ある程度、訓練(経験)が必要になってきます。Z会の難関大学合格率が異常に高いのも、おそらく、この訓練をするのに最適な教材だからでしょう。

>>> Z会の難関大学合格者数を見る

 

 

偏差値60越えてるのに明治の問題が解けない!

 

私は、偏差値60くらいの時に、明治の問題が解けませんでした。正解率は50%くらい。これではヤバイなぁ・・・と思っていた時に、兄がZ会を薦めてくれたので、やってみました。

Z会は、難しかったのですが、やり続けるにつれて、成績もアップしました。Z会模試で偏差値60くらいを叩き出せるようになると、明治の問題の正解率が70%~80%に跳ね上がったのを覚えています。

 

やはり、応用力は、訓練(経験)です。とにかく訓練(経験)しかないでしょう!基礎力の使い方の引き出しの数を増やす事です。

 

まとめ

・大学(特に難関大学の場合)は、学問の研究の為、応用力がある生徒が欲しい
・応用力とは基礎力をどう使うか?という事
・基礎の使い方の引き出しを増やす訓練(経験)を積む必要がある
・その為には、ある程度の難易度の問題を解かなければならない
・Z会の問題は、良問が多いのでこれに向いている

 

 >> 次の記事「Z会2014有名大学合格者数」を読む

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ