Z会添削問題のメリット

管理人です(・∀・)

 

今日はZ会の添削問題のメリットについてです。

ネットとかでは色々と言われていますよね?

添削問題の難易度について・・・(^_^;)

 

あんなの難しくて出来てねぇよ!とか・・・

むずかくして溜まっちゃって嫌になった!とか・・・

 

確かに難しいですよ。添削問題。

 

でも、自分もそうだったんですが、

他の人の合格体験談なんかを見てると

やっぱり「添削問題って大事」!

ってい口をそろえて言っています。

 

そんな添削問題。メリットについてまとめてみました。

 

 

添削問題のメリット

提出期間を守る事で学習計画を立てられる

 

Z会の添削問題は、月に2回程あります。(オプション選択)

15日で提出しなければならないわけですが、

その質たるや、本当に難しいものもあります。

 

1問解くのに半日かかる!

なんてものもアルほどでしたからね(^_^;)

 

そこが皆さん、嫌なところなんでしょう。

効率が悪くて、嫌になるんだと思います。

 

でもそれでも、頑張って「添削を埋めて提出する事」で

半強制的に、学習ペースが作られて・・・

結果としてすごくいい感じで勉強のスケジュールが立てられてのを

覚えています。

 

「Z会があるから、早くここの構文のところやっておこう!」みたいな・・・

 

応用力を鍛える時間は、受験勉強において何より大切です。

ここにいっぱい時間を使った人が、

本番で「強い!」のだと思っています。

 

添削問題の期限を必ず守る事で、

応用力を鍛える時間を

受験勉強の中で、半ば強制的に作れるのだと思います。

 

塾などでは、そうはいきません。

講師が先に答えをどんどん言ってしまうからです。

 

添削問題のペースについて、体験談も探してみたので、

是非、参考にしてみてください。

 

「添削をやる事で、宅浪の自分が学習ペースを作る事が出来た!」を読む

 

 

 

 

 

 

 

 

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ