暗記するだけで偏差値を60にする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

 
 
暗記だけで偏差値60なんてすげー事言ってますけど、基礎なんて暗記するだけで十分です。んで基礎が固まれば偏差値は60が見えてきます。僕の実感です。なのでそこらへんのボヤーっとした話をぷわ〜とお話出来たらと思います。
 
 

ポイント1 基礎は暗記でしかない

基礎力ってそもそも何か?と言うと・・・「知っているか?」 「知らないか?」というだけの単純な事です。事柄や人物、年号、公式、単語・熟語・構文・文法。基礎とはこれ以上でなければ以下でもありません。
 
 
なので「基礎は暗記だ」と割り切りどんどん覚えてしまうのが得策です。いつまでも同じ範囲をチマチマと、時間をかけて参考書をチョビチョビと、つついているのはマジでNGです。暗記するんだ!と意識を変え、効率化しながら一気に進めます。
 
 

ポイント2 とにかく反復

暗記した事柄定着させるためには、回数が絶対的に必要になります。1つの項目をやったら問題集やって終了はNG。世界一辛い唐辛子の名前くらいすぐ忘れます。それでは記憶定着化の為の絶対数が足りてないです。
 
 
脳へ記憶が定着するには、回数が必要であるというのは、科学的に立証されています。そもそも人間の脳は忘れるように出来ているそうなのですが、忘れては覚える忘れては覚えるのサイクルを繰り返すと・・・「ん?これは生きるために必要な情報なのかな?」と脳が深くインプットをするそうです。
 
 

暗記反復で成績アップした勉強例

では具体的な効率暗記方法で偏差値60になった世界史の例をご紹介します。皆さん通常1つの単元を読んで終わったら小テスト・・・。よしよし♪で終わりにしちゃっていると思うのですが、僕は「3日で山川の教科書を全て読み終える」ペースで読み続けてました。一回200ページから300ページになると思います。分からない用語は、用語集で調べながら。
 
 
名称未設定-3
 
 
これを続けていると、驚くほど歴史の縦と横の繋がりが頭に入ってきます。やってたのはこれだけ、世界史は簡単に偏差値50後半になりました。使ったのは教科書と山川系参考書だけ。試験本番まで成績は落ちませんでした。

 
 

 

おまけー個人によって異なる 効率的な暗記方法

暗記が苦手だという人は多いと思います。色々な暗記方法がありますが、覚えておいて欲しいのは、「自分に最適な暗記方法を見つける」という事です。ネットなんかで紹介されている方法が、あなたにとってBESTではないという事です。個人差があります。

 
 
例えば、しーーーんと静まり返った自習室のほうが、頭に入ってくるタイプの人もいれば、電車の中のように、少し雑音がしていた方が、暗記がはかどるというタイプの人もいます。
 
 

「こうすると暗記がはかどるよ!」という人の意見に左右されずに、自分にとって最適な場所を見つけて下さい。以下で、代表的な暗記がはかどると言われている場所を挙げておきます。

  1. 自習室
  2. 自分の部屋
  3. トイレ
  4. 電車の中
  5. 押入れの中
  6. 図書館
  7. ファミレス&喫茶店
  8. 公園

 
 
また、単語帳なども、個人によって頭へ入りやすさが違うようです。たとえば、英単語も、単語帳の方が頭に入りやすい人もいれば、携帯アプリの方が入りやすい人もいるそうです。メーカーによってももちろんかわります。

 
 
覚え方についても、口に出してブツブツ言いながら覚えると覚えやすい人、また紙に書かないと覚えられない人、ゲーム感覚でテストを繰り返さないと覚えられない人など・・・様々なタイプがあるようです。いろいろと試してみて、自分に最適で効率的な方法を早く見つけてくださいね。
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*