わかりやすい!Z会とベネッセ比較表

Z会とベネッセの違いについてお話ししたいと思います。

 

料金について

 

Z会 進研ゼミ
基本料金  0円  0円
1科目あたり  4,760円  5,708円

御覧いただけるとお分かりいただけるように
料金は若干ベネッセのほうが安いですね。
今回の料金改正でZ会の方が安くなりました!

 

ただ、そんなに大きな金額の開きはないので、
あまり大きな決定要素にはならないかもしれません。
料金よりももっと大切なのは、以下の2つの点でしょうか・・・

 

Z会とベネッセの指導方法指導方法について

結果から言うとZ会の方が若干難しく
対してベネッセの方が親しみやすく感じるかもしれません。

Z会が難しいと言われている理由はこちらの記事をご覧ください。
と言うのも、ベネッセの方がテキスト等にイラストが若干多めとなっており
比較的ヴィジュアル的に親しみやすい内容となっているという特徴があるんですね。

 

対してZ会は、やる人の考える応用力の発展に重点を置いているため
基本的な解説などは割愛されている場合が多いのです。

> 進研ゼミ高校講座公式ページ

 

問題の量について

明らかに実践を重視しているz会の方が
問題集の問題の数は多いようです(2013年11月教材比較)
また、添削の問題の質は非常に高いと言われており、
応用力を伸ばす為の良問が多いと言う評判です。

 

参考書の解説について

Z会は明らかに要項をまとめてあるつくりになっていますね。
つまり基本的な項目の説明は省かれていることが多いと言えます。
知っていて当然みたいなところはわりと省略されている印象です。

 

対してベネッセの方は細かいとこまで掘り下げて
何度何度も説明してある印象です。
説明は丁寧と言えると思いますが、「基礎を抑えてる人」にとっては
「なんだそんなの知ってるよ?」と言うレベルの説明が
多い印象でした。

 

両者の合格者数

Z会は毎年オープンにしていますが、ベネッセのほうは公表するのを
やめてしまったので、2012年のデータを比較してみます。
こちらページに詳しい詳細が書いてあるので参考にしてみてください

 

学習システム

Z会のシステムは教科書+問題集+添削と言う3つの構成になっています。
添削は月に2回(オプション)になっています。

 

ベネッセの方もほぼ同じです。
教科書と問題集が毎月セットとなっており、
そして月1回の添削があります。

 

その他のオススメサービス比較

ゼット会は今年2015年4月よりiPadスタイルと言う
通信講座を始めました。

 

今まで1ヵ月程度かかっていた添削問題の解答・質問等が
かなり効率化されたサービスです。
センターからの回答は、約3日程度で帰ってくるそうなので
かなり効率的な学習が可能になると思います。

 

iPadスタイルについては、こちらの記事をご覧ください

 

両者ともにインターネットを利用した添削のスピード化を図っており
予算・環境等が許すのであれば、学習効率化のために
是非、利用したいサービスでしょう。

 

 

 

 

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ