z会のデメリット

Z会のデメリット
今日はZ会のデメリットについての話です。デメリットは、簡単に言えば「問題が難しくて続けるのが苦痛」という事です。ネットにもいっぱいそういう情報が出ているのでお気付きの方も多いと思います。

 

 

Z会受講のデメリットは「問題のレベル」が高いこと!

私の感想から言えば確かに難しかったです。私は「難関大学コース」を、英・国・社の3教科取っていましたが、偏差値60位のレベルでは、点数取れませんでしたから!
でも、それでも粘って、回答を作成していると、ある時から、「解ける」ようになります。要するに、「解法の引き出き数」が増えたんですね。(「Z会のメリット」の記事に書いたように)

 

まぁ、後は・・・添削の致命的な欠点ですね。回答が届くのが遅いという事。一ヶ月後に回答が届きます。この頃には、もうその問題に対する熱もかなり下がっていたので、また思い出してやるというのも、大変でしたね。

 

あと、添削問題の回答には、添削者の解説がついているのですが、これが、添削する人によってバラバラでした。すごく励みになる人もいれば、そうでない人もいました。なんでこんなに違うのか?と疑問に思った事もありましたね。

 

Z会受講のデメリットのまとめ

  1. z会、添削や問題集がかなり難しい
  2. 添削の回答が遅い
  3. 添削の質が人によってバラバラ

 

>> 次の記事「Z会を受講するメリット」を読む

サブコンテンツ
  1. Z会入ろうか?悩んだら・・・

    Z会の入会に悩んでいる方がやるべきたった一つの事

  2. Z会と進研ゼミどっちがいい?

    この2つで悩む人多いんですよね・・・

  3. Z会だけで合格出来るの?

    こちらも皆さん、心配されてます。はい!結果から言うと・・・

  4. Z会のメリット

    Z会で学ぶ事のメリットを紹介しています

  5. ご紹介!Z会を超効果的に使う3つの方法

    Z会の効果的な使い方について、私個人の見解と体験です

このページの先頭へ